お絵描きの振り返りをします#1【「リゼロ」レムを描く】(2020/11/22) | ゆるい絵ブログ

お絵描きの振り返りをします#1【「リゼロ」レムを描く】(2020/11/22)

 

どうもどうも、こんばんは。akiです。

昨日、「イラストを描いてみたいと思います」という記事を書きました。

イラストを描いてみたいと思います#1【「リゼロ」レムを描く】(2020/11/21)

これから描く絵の設計図みたいなものを作りたくて書きましたが、想像より長くなってしまいましたね。

まぁ、初めての記事ということで少し気合いが入っていたんだと思います。

これからもう少し気を楽にして書いてもいいかなと思います!

はい、昨日の記事で説明したイラストですが、昨日の夜から今日にかけて描いていました。

完成、ということでこれ以降は手をつけるつもりはありません。

はっきりとは覚えていませんが、たぶん夜中の2時くらいから朝の7時くらいまで描いていたと思います。

連続で長く描きつづけると頭も疲れるし、体にもよくないので本当はやりたくないのですが、そんな気持ちを無視してしまいました(-_-)

反省してます。。。

ただ、トータルの時間は5時間ちょっとだと思うので、そんなにひどくはないと思いました。

あくまで自分の中の基準ですけどね。。。

4時間台で描ければもっと体に負担掛からないだろうなぁと思いますね。

で、先ほど「完成、ということでこれ以降は手をつけるつもりはありません。」と書きましたが、これは自分へのメッセージです。

絵というのはいつまでも進めることができてしまうという特徴があるので、完璧を求める系の人間には毒です。

でも、絵を描く人の中には完璧を求める系の人はけっこういると思うんですよね(笑)。

なので自分で完成のタイミングをはっきりと定義したほうがいいと思います。

そのタイミングを決めるのが難しいのですが。。。

という話をしていると長くなるので、まず今回のイラストの振り返りをしていきます!

 

絵を振り返る

ここからは以下の記事で設計したイラストを実際に見ながら、

「設計記事で書いた目標を達成しているか」「描いている時に考えていたこと」「苦戦したこと」「完成したあとに残った後悔」

など、他にも気づいたことを書いていきます。

イラストを描いてみたいと思います#1【「リゼロ」レムを描く】(2020/11/21)

 

イラスト見返してみる

どん!これが今回描いた「Re:ゼロから始める異世界生活」のレムです。

まずは深い振り返りの前にパッと見の感想ですが、、、

「まぁ、ひどくて見返せないほどでもない」

くらいですかね。

基本的に自分のイラストを見返すと「ひどいな、お蔵入りだ」と思うakiですが、今回はかろうじて見ていられる気がします。

設計記事と照らし合わせてみる

振り返りと言えば、やっぱり行動する前に自分が考えていたことと照らし合わせるのが必要ですよね!

「好き!」なポイントを意識しながら描く、というのが大きな目標でした。

記事の中で書いたものがこちら↓

1位:

・目の奥行の表現が好き
・舌出し、尖った歯などの口の表現が自然で好き

2位:

・少ない色使いが好き
・少量の肌の影や髪のハイライトが好き

3位:

・背景の単色カードがイラスト全体の印象を作ってて好き

 

まずは1位からゆっくりと振り返っていきましょう。

 

「好き!」ポイント1位の振り返り

「目の奥行の表現が好き・舌出し、尖った歯などの口の表現が自然で好き」が1位でしたね。

これはhenkenさんのイラストに見られる特徴で自分が「いいな」と思った特徴でした。

目の奥行が素晴らしいですね。

今回自分が描いたイラストを見てみると

微妙ですね。そもそも顔がほとんど正面になっているので奥行もくそもない気がするんですが。。。

正直、今、けっこう後悔してますね。

後悔というか反省というか。。。

目の奥行を優先順位1位にしたなら、スケッチの段階で顔の角度や構図を最優先にするべきだったな、、、

と今ふと思いました。

雑なスケッチの段階から、顔のどちら側かが奥になるような設計をするべきだったんです(-_-)

次に「舌出し、尖った歯などの口の表現が自然で好き」ですが、こちらは大きな問題はない気がします!

口に動きをつけることができたと思いますし(動きというか笑顔)、尖った歯も忘れずに描くことができました。

舌出しはせずに尖った歯を描いた理由はあまり覚えていませんが、たぶんその時の気分で決めたんだと思います。

次に第2位です。

 

「好き!」ポイント2位の振り返り

2位は「少ない色使いが好き・少量の肌の影や髪のハイライトが好き」でした。

少ない色使いに関しては問題ないと思います。そもそもたくさん色を使うと疲れてしまうので自然と少なくなるんですよね。

少量の肌の影や髪のハイライトも問題ないと判断しました。というか同じか。

肌は3色、髪は2色&光&数本の白い毛ですね。

最後に3位です。

 

「好き!」ポイント3位の振り返り

3位は「背景の単色カードがイラスト全体の印象を作ってて好き」でした。

完全に無視りました(苦笑)

一度は髪の毛と同系の青っぽい単色の背景をつけましたが、「違うな」と思って消しました。

正直終盤だったので、頭が疲れていてあまり深く考えられなかったのかもしれません(-_-)

まぁ、3位なので自分を許します(笑)。

 

やり残し、後悔など

最後に「あれやっておいた方がよかったな、やんない方がよかった」ということを書いてみます。

次回のお絵描きの際に取り入れることができるかもしれないので、ちゃんと後悔しておきます(`・ω・´)

・耳とかいらないんじゃね?

・顔が正面すぎるんだよな

・体のバランスおかしくないか?(←毎回)

・髪の光が適当すぎる件

自分で思ったのはこんな感じ↑

 

耳いらない疑惑

まず耳に関しては、本当にいらなかったっぽいんですよね。

耳を描いたタイミングは線画がほとんど出来上がったときだったと記憶してるんですが、描いた理由ははっきり覚えていて

「頭ちょっと違和感あるかな、、、耳あったらかわいいしごまかせるな」

でした。

本当に最低です。ごめんなさいm(__)m

誰に謝ってるんですかね。

お絵描きあるあるだと思うんですが、途中で必要のないものを足してしまうというのがある気がします。

途中で絵が見映えしないと思うと、ついやってしまうクセです。

次回はやらないように気を付けます。

 

顔が正面すぎる

これは目の奥行の時にも書きましたが、顔が正面すぎて、なんだか平凡だなと思いました。

スケッチの段階で修正しているうちに、いつの間にか平凡な構図になってしまう

というのはあるあるな気がします。

常に自覚しておきたいです。

 

 

体のバランス(←毎回)

右腕の位置にだいぶ困りました。

自分の頭のなかで考えたポージングだったので正解の画像とかがありませんでした。

見本があってそれを見ながら描いても不自然なところは出ます。

なので見本なしで不自然な部分が出てくるのはしょうがないんです(言い訳)。

たぶんこれに関しては毎回同じ現象が起きます。

対策は資料をしっかり用意しておく、スケッチに時間をかけることくらいでしょうか。。。

 

髪の光が適当

見れば余裕でわかっちゃいますが、光があるのにその部分の黒い線画残っています。

これはレイヤーの順番が問題ですが、光が当たっているなら、せめて線画も消えるような工夫をしようという簡単なお話です。

これも終盤だったので気が抜けてたか疲れていたんだと思います。それか焦りか。

 

まとめ

というわけで自分で書いた絵の振り返りをしてきました。

長々と書いてきましたが、大事なことは、こうやって文字にしてアウトプットすることかなと思っています。

最後は後悔していることを書きましたが、すぐには直らないこともあると思います。

なのでそこでストレスを感じず、とにかく文字にして振り返る(記事を書く)ということを大切にしたいなと思う今日この頃です!

以上です。

それではまた(‘ω’)ノ

イラストを描いてみたいと思います#1【「リゼロ」レムを描く】(2020/11/21)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です