最近のお絵描き事情まとめ【お絵描きには、思考整理が必要】 | ゆるい絵ブログ

最近のお絵描き事情まとめ【お絵描きには、思考整理が必要】

 

どもども、akiです。

最近はブログの更新をサボっていました。

今日は最近のお絵描き事情、前回の記事で描くと宣言したイラストなどについてもまとめます。

くれぐれもこのブログで書いていることは自分用に書いていることなので、そこら辺はご了承を。。。

 

以前描くと宣言したイラスト2枚

はい、前の記事とその前の記事でイラストを描くと言っていましたね。

イラストを描いてみたいと思います#2【オリジナルキャラを描く】(2020/11/23) イラストを描いてみたいと思います#3【意味深ぽい絵を描く】(2020/11/24)

まず結論から言いますね。

オリジナルキャラのイラストは、完成しました。

意味深ぽい絵の方は、途中で放棄しましたm(__)m

 

オリキャラの絵、供養する

まずはオリキャラの方ですが、完成したことにしています。

本当はもう少し線画をきれいに清書したかったのですが、「今のままでもそれなりに見映えしてるし(面倒くさいから)終わりでいいや!」

という気持ちが働き、描くのをやめました。

自尊心をなるべく傷つけないために、一応完成ということにしました。

自分としてはけっこうかわいく描けた気がしていて、80点くらいをあげたいですね!

このイラストを描く前に意識していたのが「厚塗り」「色付けの前に明度を決めておく」でした。

どちらも達成しました。

最初に白、黒、グレーだけで明度を決めた際の絵がこちら↓

うん!いい感じだ!

今見返しても悪くないと思いますね。

自分の絵を見直して「悪くない」と思うのは本当に珍しいので嬉しいです(*’▽’)

やっぱり最初に明度だけで表現しておくのは重要だと思いました!

なんならこれで完成にして色付け作業はやりたくない!と思うほどでした。

白黒だけで光や影を表現する方が簡単なんでしょうね、きっと。。。

というわけでオリキャラ絵の振り返りでした!

 

意味深ぽい絵、懺悔する

最近は頭の中がモヤモヤしていたのですが、おそらく原因はこれです。

途中で描くのを諦めました。

「これは、引いた方がよさそうだな」

そう思ったので描く計画自体をなかったことにしました。

この絵のモチーフになる言葉がありました。

もがけばもがくほど、更に深く沈んでくけど、何もしなければこれ以上沈まない

ネットで拾ってきたネガティブ名言(笑)。

まぁ、途中まではちゃんと描いているし、言葉の意味を絵の中に込めようとしていることもわかるので、大目に見てください(笑)。

たぶんこの記事は誰も見ることはないと思うので、許しを請う必要も恥じる必要もないのですが、、、。

今見返すと、「この状態で完成にしてもいいかな?」と思ったりもしますが、描いているときはやっぱり自分の中になんとなく理想があって、それにならないからボツにしたんだと思いますね。

というわけで懺悔でしたっ!(グハッ)

 

新しい絵を描き始めた、そして終わった

ブログを更新してなかった理由として、お絵描きを途中で放棄した自分が嫌になって鬱気味になっていたことの他に、新しい絵を描いていたからという理由があります。

「これ以上描いてもクオリティ上がらなそうだし、新しい発見もあったし(面倒くさいから)終わりでいいや!」と思い、もう手を加えるつもりはありません。

一応、供養しておきます。

なんとなく気の向くままに顔を描いていたら、描いてしまいました。

クオリティはさておきですね、新たな発見があったことが大きな収穫でした!

それは

色調補正レイヤーを使えば、彩度の上げ下げが簡単にできて、明度調整の一助になる

ということです。

先ほど振り返りをしたオリキャラ絵とは違って、この絵は白黒で明度を先に決めるということはしていません。いきなりカラーをやりました。

ただし、彩度を調整しながら明度を調整して色付けした!

彩度とか明度とかややこしいですね(笑)。

まぁ、彩度を落とすことで、絵の明暗が把握しやすくなるので明度が調整しやすくなるってことです。

僕はCLIP STUDIO PAINTを使っているのですが、「レイヤー」⇒「新規色調補正レイヤー」の順にいき、色調補正のレイヤーを作ることができるんです!

明度を操ることが大事だと知ったakiは、「どうにかして彩度を簡単に操作したい(`・ω・´)」と考えました。

色調補正という機能自体があることは知っていましたが、それは単一のレイヤーにしか使うことができません。

色は基本的にレイヤーを複数に分けるので、いちいち色調補正をする暇はないんですよね。

しかも一度彩度を下げてしまったら、元には戻せません

その両方の問題をまとめて解決してくれるのが、色調補正レイヤーです。

彩度を変えたいレイヤーたちの上に色調補正レイヤーを置き、そのレイヤーの彩度を予めゼロにしておけば、色調補正レイヤーを表示するかしないかだけで、白黒とカラーをオンオフすることが可能なんです!!

説明が下手で申し訳ありません!

とにかく便利すぎるので今度から使います。

ということで、クオリティもイマイチだし、なんとなく描き始めちゃった絵ですが、今後のお絵描きライフで役立つ事を知ることができました。

嬉しいです(*’▽’)

 

まとめ

2枚のイラストの振り返りと、新しく絵を描きましたよ、というお話を書いてきました。

あぁ、スッキリした(笑)

やっぱり文章にして吐き出すと頭が軽くなりますね(*’▽’)

みなさんにもおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です